俺のひとり言

Icon

一人外人の世界観、価値観、恋愛観の適当話

メモリ不足?(個人メモ)

なぜか、急にサーバにログインできなくなった。。。
しょうがなく強制終了で再起動をかけて一応復旧したみたい。。。
!!!障害期間内本サイトが見れない方に申し訳ありません!!!

/var/log/messagesにあんまり見ないログが・・・
※どうやらメモリ不足でoom-killerでサービスが切られたみたぃ。。。
※やっぱclamdなのかな?詳細な原因は年明けで探そうか。。。

Dec 31 16:51:05 main kernel: auditd invoked oom-killer: gfp_mask=0x201d2, order=0, oomkilladj=-17
Dec 31 16:51:05 main kernel:
Dec 31 16:51:05 main kernel: Call Trace:
Dec 31 16:51:05 main kernel:  [<ffffffff800c72e7>] out_of_memory+0x8e/0x2f3
Dec 31 16:51:05 main kernel:  [<ffffffff8002e23f>] __wake_up+0x38/0x4f
Dec 31 16:51:05 main kernel:  [<ffffffff800a0b16>] autoremove_wake_function+0x0/0x2e
Dec 31 16:51:05 main kernel:  [<ffffffff8000f540>] __alloc_pages+0x27f/0x308
Dec 31 16:51:05 main kernel:  [<ffffffff80012f11>] __do_page_cache_readahead+0x96/0x179
Dec 31 16:51:05 main kernel:  [<ffffffff800138c9>] filemap_nopage+0x14c/0x360
Dec 31 16:51:05 main kernel:  [<ffffffff8000895e>] __handle_mm_fault+0x1fb/0x1039
Dec 31 16:51:05 main kernel:  [<ffffffff80066b55>] do_page_fault+0x4cb/0x874
Dec 31 16:51:05 main kernel:  [<ffffffff8005b97e>] del_timer_sync+0xc/0x16

dmesgで強制終了したことが確認できる。。。

EXT3-fs: dm-0: orphan cleanup on readonly fs
ext3_orphan_cleanup: deleting unreferenced inode 14090954
ext3_orphan_cleanup: deleting unreferenced inode 5691464
ext3_orphan_cleanup: deleting unreferenced inode 5694486
ext3_orphan_cleanup: deleting unreferenced inode 5674994
ext3_orphan_cleanup: deleting unreferenced inode 5680224
ext3_orphan_cleanup: deleting unreferenced inode 5692951
EXT3-fs: dm-0: 203 orphan inodes deleted
EXT3-fs: recovery complete.
EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.

さて~みなさんよいお年を。。。
来年も本サイト宜しくお願い致します。。。

tmpwatchコマンドとオプション

sambaのごみ箱によく使われるコマンド。。。
オプションがなかなか覚えにくいので、メモっとます。。。
まぁ、manを叩けば出てくるもんだし・・・

書式

 
tmpwatch [-u|-m|-c] [-MUadfqtvx] [--verbose] [--force] [--all] [--nodirs] [--nosymlinks] [--test] [--quiet] [--atime|--mtime|--ctime] [--dirmtime] [--exclude <path>] [--exclude-user <user>] <hours-untouched> <dirs>
 

オプション

-u, --atime
-m, --mtime
-c, --ctime
-M, --dirmtime
-a, --all
-d, --nodirs
-d, --nosymlinks
-f, --force
-q, --quiet
-s, --fuser
-t, --test
-U, --exclude-user=user
-v, --verbose
-x, --exclude=path

解説~!
-u, –atime –アクセス時刻
-m, –mtime –修正時刻
-c, –ctime –ステータス変更時刻
-M, –dirmtime –フォルダ修正時刻
-a, –all –すべてファイル(拡張子無差別・・・わお)
-d, –nodirs –空フォルダでも確認せず削除する
-d, –nosymlinks — シンポリックリンクファイルでも確認せず削除する
-f, –force –root権限なくても削除を行う(強引だな・・・)
-q, –quiet –コマンドライン表示しない(エラー時のみ表示)
-s, –fuser –fuserコマンドを使ってファイル状態を確認(開いてるかどうかとかとか・・・)
-t, –test –テストモード(実際削除処理は走らない)
-U, –exclude-user=user –指定するユーザのファイルを削除対象外(便利!)
-v, –verbose –詳細モード
-x, –exclude=path –指定するファイル・フォルダを削除対象外にする

使用例:

[root@centos ~]# /usr/sbin/tmpwatch -amvf 72 /tmp

72は時間単位

え~と、じゃ、今日はそこまで。。。

カーネルパニック時の再起動

カーネルパニック時の再起動
まぁ。。。言う必要もなく、カーネルパニックが発生した以上、やっぱり自動再起動して欲しいよな。。。
ダンプ取っとけば後日でも原因調べられるし。。。
サービスの復旧は原因調査より優先だから。。。

再起動の設定はかなり簡単
linuxのディフォルト設定では、パニックを起こされても再起動しない

[root@centos ~]# cat /proc/sys/kernel/panic
0

その0は時間(秒)って意味、いわばパニックが発生して何秒後システムを再起動するってこと。。。

そこで、

[root@centos ~]# echo 10 > /proc/sys/kernel/panic
[root@centos ~]# cat /proc/sys/kernel/panic
10

をしてあげれば、パニック発生して10秒後システムが再起動される。。。

ただ、この設定は一時的、再起動かけられると0に戻るので、
解決策じゃないけど、個人的に/etc/rc.localに書いとけば問題ないかと思うけどな。。。

・UPDATE 2010/11/16 12:30
/etc/sysctl.confファイルを修正すれば再起動後でも設定クリアされない。。。

[root@centos ~]# vi /etc/sysctl.conf
kernel.panic = 10  ←追記

設定反映

[root@centos ~]# sysctl -p

設定確認

[root@centos ~]# sysctl kernel.panic
kernel.panic = 10

LinkStation DIAG 赤点滅

古いbuffalo製のlinkstationを起動したら、ダイアグランプが赤点滅してた・・・
幸い点滅は4回。。。あ、ファンが回ってない・・・
まぁ。。。6回じゃなくてよかった(笑)!

さて、とりあえずファンの掃除でもしようか。。。

ちなみにDIAGのランプ点滅の意味は大体こんな感じ↓↓↓
3回連続点滅:パーティションエラー
4回連続点滅:ファンエラー
5回連続点滅:Flash Romデータエラー
6回連続点滅:ハードディスクエラー
7回連続点滅:RAM・LAN・ハードディスクコントローラエラー

複数NICに対し、複数プロバイダのルーティング設定

今回は2枚のNIC+2プロバイダの例。。。

イメージ:

各項目値:
eth0のIP:192.168.1.10
eth0のゲートウェアIP:192.168.1.1
eth0のネットワークIP:192.168.1.0/24

eth1のIP:192.168.2.10
eth1のゲートウェアIP:192.168.2.1
eth1のネットワークIP:192.168.2.0/24

Provider 1のルーティングテーブル名:gateway1
Provider 2のルーティングテーブル名:gateway2

まずはルーティングテーブルを追加(※net.ipv4.ip_forwardの設定も忘れず)

[root@centos ~]# vi /etc/iproute2/rt_tables
200     gateway1
201     gateway2

[root@centos ~]# vi /etc/sysctl.conf
net.ipv4.ip_forward = 0
↓
net.ipv4.ip_forward = 1

後は↓のコマンドで設定する(見りゃわかるの設定だから、説明なし(^^;))

[root@centos ~]# ip route add 192.168.1.0/24 dev eth0 src 192.168.1.10 table gateway1
[root@centos ~]# ip route add default via 192.168.1.1 table gateway1
[root@centos ~]# ip route add 192.168.2.0/24 dev eth1 src 192.168.2.10 table gateway2
[root@centos ~]# ip route add default via 192.168.2.1 table gateway2
[root@centos ~]# ip rule add from 192.168.1.10 table gateway1
[root@centos ~]# ip rule add from 192.168.2.10 table gateway2

↑だと、network再起動をかけると消えるので、下のようにshで自動実行させる

[root@centos ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifup-local
#!/bin/sh

DEVICE=$1

IF1=eth0
IF2=eth1
IF1_IP=192.168.1.10
IF2_IP=192.168.2.10
GATEWAY1_IP=192.168.1.1
GATEWAY2_IP=192.168.2.1
IF1_NET=192.168.1.0/24
IF2_NET=192.168.2.0/24
ROUTING1_NAME=gateway1
ROUTING2_NAME=gateway2

case in
$IF1)
ip route add $IF1_NET dev $IF1 src $IF1_IP table $ROUTING1_NAME
ip route add default via $GATEWAY1_IP table $ROUTING1_NAME
ip rule add from $IF1_IP table $ROUTING1_NAME
;;

$IF2)
ip route add $IF2_NET dev $IF2 src $IF2_IP table $ROUTING2_NAME
ip route add default via $GATEWAY2_IP table $ROUTING2_NAME
ip rule add from $IF2_IP table $ROUTING2_NAME
;;
esac

後は実行権限を与えよう。。。

[root@centos ~]# chmod +x /etc/sysconfig/network-scripts/ifup-local

Network再起動後~設定確認

[root@centos ~]# ip route show
192.168.1.0/24 dev eth0  proto kernel  scope link  src 192.168.1.10 
192.168.2.0/24 dev eth1  proto kernel  scope link  src 192.168.2.10
169.254.0.0/16 dev eth1  scope link 
default via 192.168.1.1 dev eth0 

以上。。。

参考文献:
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Adv-Routing-HOWTO/lartc.rpdb.multiple-links.html#AEN288
http://www.hoster.jp/tech/multihomeing
http://www6.ocn.ne.jp/~bonz/tune/redhat62.html

アンケート

Xperia Z Ultra と Honami ならどっちを買う?

View Results

Loading ... Loading ...
2019年6月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

 


俺のひとり言トップ | Xperia云々 | 俺のアンケート | 俺の独り言 | 俺のツール | 俺のつぶやき | Linuxサーバ構築 | Windowsサーバ構築 | シンクライアント