俺のひとり言

Icon

一人外人の世界観、価値観、恋愛観の適当話

tftpコマンドでヤマハルータのconfigファイルを取得する

今回確認した機器はrt107e、rtx1200、rtx1500
※まぁ、ほとんどのルータ全部対応してるでしょう。。。

■まずはルータ側でtftpを許可する設定
 1) 「tftp host none
     全てのtftpアクセス禁止
 2) 「tftp host tftpクライアントのIPアドレス
     指定した端末からだけアクセス許可
 3) 「tftp host any
     どんな端末でもアクセス許可

■次は取得側で実行コマンド
仮に
・ルータのIP アドレス:192.168.1.1
・管理パスワード:password
・config保存先、ファイル名:/tmp/config.txt

※linux

[root@centos ~]# tftp 
(to) router   ←任意
tftp> connect 192.168.1.1
tftp> mode ascii
tftp> get config/password  /tmp/config.txt
tftp> quit

※一行の書き方

tftp -m ascii 192.168.1.1 -c get config/password /tmp/config.txt

※tftpコマンドがない時はまずインスコしましょう。。。

[root@centos ~]# yum -y install tftp

※windows
・[スタート]メニューから[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]
・configファイルの保存先に移動。

cd c:\tmp

・config取得

C:\>tmp> tftp 192.168.1.1 get config/password config.txt

それらをcronまたはタスクに設定すれば、簡単なconfigバックアップも実現できる。。。

以上~♪

複数NICに対し、複数プロバイダのルーティング設定

今回は2枚のNIC+2プロバイダの例。。。

イメージ:

各項目値:
eth0のIP:192.168.1.10
eth0のゲートウェアIP:192.168.1.1
eth0のネットワークIP:192.168.1.0/24

eth1のIP:192.168.2.10
eth1のゲートウェアIP:192.168.2.1
eth1のネットワークIP:192.168.2.0/24

Provider 1のルーティングテーブル名:gateway1
Provider 2のルーティングテーブル名:gateway2

まずはルーティングテーブルを追加(※net.ipv4.ip_forwardの設定も忘れず)

[root@centos ~]# vi /etc/iproute2/rt_tables
200     gateway1
201     gateway2

[root@centos ~]# vi /etc/sysctl.conf
net.ipv4.ip_forward = 0
↓
net.ipv4.ip_forward = 1

後は↓のコマンドで設定する(見りゃわかるの設定だから、説明なし(^^;))

[root@centos ~]# ip route add 192.168.1.0/24 dev eth0 src 192.168.1.10 table gateway1
[root@centos ~]# ip route add default via 192.168.1.1 table gateway1
[root@centos ~]# ip route add 192.168.2.0/24 dev eth1 src 192.168.2.10 table gateway2
[root@centos ~]# ip route add default via 192.168.2.1 table gateway2
[root@centos ~]# ip rule add from 192.168.1.10 table gateway1
[root@centos ~]# ip rule add from 192.168.2.10 table gateway2

↑だと、network再起動をかけると消えるので、下のようにshで自動実行させる

[root@centos ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifup-local
#!/bin/sh

DEVICE=$1

IF1=eth0
IF2=eth1
IF1_IP=192.168.1.10
IF2_IP=192.168.2.10
GATEWAY1_IP=192.168.1.1
GATEWAY2_IP=192.168.2.1
IF1_NET=192.168.1.0/24
IF2_NET=192.168.2.0/24
ROUTING1_NAME=gateway1
ROUTING2_NAME=gateway2

case in
$IF1)
ip route add $IF1_NET dev $IF1 src $IF1_IP table $ROUTING1_NAME
ip route add default via $GATEWAY1_IP table $ROUTING1_NAME
ip rule add from $IF1_IP table $ROUTING1_NAME
;;

$IF2)
ip route add $IF2_NET dev $IF2 src $IF2_IP table $ROUTING2_NAME
ip route add default via $GATEWAY2_IP table $ROUTING2_NAME
ip rule add from $IF2_IP table $ROUTING2_NAME
;;
esac

後は実行権限を与えよう。。。

[root@centos ~]# chmod +x /etc/sysconfig/network-scripts/ifup-local

Network再起動後~設定確認

[root@centos ~]# ip route show
192.168.1.0/24 dev eth0  proto kernel  scope link  src 192.168.1.10 
192.168.2.0/24 dev eth1  proto kernel  scope link  src 192.168.2.10
169.254.0.0/16 dev eth1  scope link 
default via 192.168.1.1 dev eth0 

以上。。。

参考文献:
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Adv-Routing-HOWTO/lartc.rpdb.multiple-links.html#AEN288
http://www.hoster.jp/tech/multihomeing
http://www6.ocn.ne.jp/~bonz/tune/redhat62.html

yamahaルータsyslogを外部サーバへ出力

testメモです。。。

テスト済ルータ:RT107e,RTX1200,RTX1500

まずはルータ側の設定
ログのモードは下記3つ(本体のヘルプから引用)。。。
※デフォルトはinfoモードを有効になってる

1)デバッグモード
PPP などのデバッグ情報や本製品のデバッグ用のログを出力します。

2)Infoモード
本製品の基本的なログ情報を出力します。

3)Noticeモード
IP フィルタで落したパケット情報等を出力します。

有効にするコマンドは↓これ

# syslog debug on 
# syslog info on
# syslog notice on

フィルタの通過パケットのログも取りたい時は
まず、フィルタの設定を変更しよう。。。
例:

# ip filter 1020 pass * * icmp * *
↓
# ip filter 1020 pass-log * * icmp * *

ちなみに、コンソールで「show log」を叩けば、ログを確認できる。。。

外部ホストへ出力設定は↓
syslog ホストアドレス

例:

# syslog 192.168.1.1

後はSYSLOGファシリティの設定
※今回ちょうどサーバ側local5空いてるので、それにした。。。
例:

# syslog facility local5

↑まで、ルータの設定完了、と言っても2,3行だけ。。。

↓からはサーバ側の設定
今回のログ保存場所はこちら

/var/log/yamaha/syslog

次はファシリティの指定

[root@centos ~]# vi /etc/syslog.conf 
local5.*                                 /var/log/yamaha/syslog

外部からsyslogを受信できるようにする

[root@centos ~]# vi /etc/sysconfig/syslog
SYSLOGD_OPTIONS="-m 0"
↓
SYSLOGD_OPTIONS="-r -m 0"

反映するは再起動だけ

[root@centos ~]# /etc/init.d/syslog restart

残りはログローテーションの設定だけ。。。
以上。。。

YAMAHA RT107e 手動リースコマンド

件名はrt107eで書いてあるが、rtx1200とかrtx1500でも適用できます。。。
※yamahaのルータは基本的全部使えます。

手動追加

dhcp manual lease IPアドレス MACアドレス

手動切断

dhcp manual release IPアドレス

ちなみに、デフォルトのリース期間は72時間になってるが、それを変更するにはこう↓↓↓

dhcp scope 1 192.168.1.10-192.168.1.50/24 expire 24:00 maxexpire 24:00

マニュアルの一部を参照
17.1.4 DHCP スコープの定義
[書式]

* dhcp scope scope_num ip_address-ip_address/netmask [except ex_ip ...] [gateway gw_ip] [expire time] [maxexpire time]
* no dhcp scope scope_num [ip_address-ip_address/netmask [except ex_ip...] [gateway gw_ip] [expire time] [maxexpire time]]

[設定値及び初期値]

* scope_num
o [設定値] : スコープ番号 (1..65535)
* ip_address-ip_address
o [設定値] : 対象となるサブネットで割り当てる IP アドレスの範囲
* netmask
o [設定値] :
+ xxx.xxx.xxx.xxx(xxx は十進数 )
+ 0x に続く十六進数
+ マスクビット数
* ex_ip
o [設定値] : IP アドレス指定範囲の中で除外する IP アドレス ( 空白で区切って複数指定可能、’-’ を使用して範囲指定も可能 )
* gw_ip
o [設定値] : IP アドレス対象ネットワークのゲートウェイの IP アドレス
* time : 時間
o

[設定値] :
設定値 説明
1..2147483647 分
xx:xx 時間 : 分
infinity 無期限リース
o [初期値] :
+ expire time=72:00
+ maxexpire time=72:00

[説明]

DHCP サーバーとして割り当てる IP アドレスのスコープを設定する。
除外 IP アドレスは複数指定できる。リース期間としては無期限を指定できるほか、DHCP クライアントから要求があった場合の許容最大リース期間を指定できる。
[ノート]

ひとつのネットワークについて複数の DHCP スコープを設定することはできない。複数の DHCP スコープで同一の IP アドレスを含めることはできない。IP アドレス範囲にネットワークアドレス、ブロードキャストアドレスを含む場合、割り当て可能アドレスから除外される。
DHCP リレーエージェントを経由しない DHCP クライアントに対して gateway キーワードによる設定パラメータが省略されている場合にはルーター自身の IP アドレスを通知する。
DHCP スコープを上書きした場合、以前のリース情報および予約情報は消去される。
expire の設定値は maxexpire の設定値以下でなければならない。
except で除外 IP アドレスの範囲指定ができるのは Rev7.01 以降である。
工場出荷状態およびcold start コマンド実行後の本コマンドの設定値については「1.7 工場出荷設定値について」を参照してください。

アンケート

Xperia Z Ultra と Honami ならどっちを買う?

View Results

Loading ... Loading ...
2017年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

 


俺のひとり言トップ | Xperia云々 | 俺のアンケート | 俺の独り言 | 俺のツール | 俺のつぶやき | Linuxサーバ構築 | Windowsサーバ構築 | シンクライアント