俺のひとり言

Icon

一人外人の世界観、価値観、恋愛観の適当話

LTSPサーバ初期設定


・前回インストールする時に作成したユーザでログインします。

※rootでのログインはできません。

・タスクバーのLanguageを「日本語」、Keyboardを「jp106」選択し、パスワード入力した上、「Log In」をクリック

・タスクバー→「システム」→「管理」→「ネットワーク」を選択します。

・rootの認証が求められる、入力し「OK」をクリック

・ネットワーク設定の画面が開き、「新規」をクリック

・デバイスタイプの選択に「イーサネット接続」を選択し、「進む」をクリック

・イーサネットデバイスの選択にNIC1の「eth0」を選択し、「進む」をクリック

・「固定のIPアドレス設定」を選択し、LTSPブリッジで使用するので、値はそのまま空白にしときましょう。

「進む」をクリック

・詳細を確認し、「適用」をクリック

・デバイスタブにeth0が作成されてることを確認

次に「eth1」を同じ方法で追加していきます。

・イーサネットデバイスの選択にNIC2の「eth1」を選択し、「進む」をクリック

・「固定のIPアドレス設定」を選択し、eth1は外部ネットワークに接続するので、値が必要。

アドレス、アブネットマスク、デフォルトデートウェイアドレスをそれぞれ入力します。

※各自の環境に応じて設定してください。

「進む」をクリック

・詳細を確認し、「適用」をクリック

・デバイスタブにeth1が作成されてることを確認し、右上の「×」をクリックし、「system-config-network」の変更を保存しますかに「はい」をクリック

・「変更を保存しました」が出たら、「OK」をクリック

・次にタスクバーの「アプリケーション」→「システムツール」→「端末」を選択します。

・「su -」コマンドでrootへ切替、設定していきます。

***********************************

・eth0をLTSPブリッジ用NICに修正します。

[root@centos ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
※最終行に下記を追加
NM_CONTROLLED=yes
BRIDGE=ltspbr0

・eth1は外部ネットワーク接続に接続するため、修正します。

[root@centos ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
※最終行に下記を追加(値は各自の環境に応じて設定してください)
DNS1=192.168.1.1

・ltspbr0ブリッジのIPを修正します。(値は各自の環境に応じて設定してください)

[root@centos ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ltspbr0
IPADDR=172.31.100.254
↓
IPADDR=192.168.2.254

・networkサービスを再起動します。

[root@centos ~]# service network restart

・ブリッジの対象インターフェースを確認します。

[root@centos ~]# brctl show
bridge name			bridge_id				STP enabled				interfaces
ltspbr0				8000.000c29519e64		no						eth0
pan0				8000.000000000000		no

・tftpが有効になっていることを確認します。

[root@centos ~]# vi /etc/xinetd.d/tftp
disable = no

※無効の場合、disable = yesに変更し、xinetdサービスを再起動してください。

・次にDHCPの設定です。(値は各自の環境に応じて設定してください)

[root@centos ~]# vi /etc/ltsp/dhcpd.conf
option subnet-mask            255.255.255.0;
option broadcast-address      192.168.2.255;
option routers                192.168.2.254;
option domain-name-servers    192.168.2.254;
next-server                   192.168.2.254;

  subnet 192.168.2.0 netmask 255.255.255.0 {
     range dynamic-bootp 192.168.2.100 192.168.2.253;
     use-host-decl-names       on;
     option log-servers        192.168.2.254;
     }

     {
        option root-path "192.168.2.254:/opt/ltsp/ppc";
     } else {
        option root-path "192.168.2.254:/opt/ltsp/i386"; 
     }

・ltsp-dhcpdサービスを再起動します。

[root@centos ~]# service ltsp-dhcpd restart

・初期設定は以上です。
・次回はクライアントから接続の確認などをしていきます。。。

ではでは。。。

Category: LTSPサーバ, シンクライアント

Tagged: , ,

Leave a Reply

 

 


俺のひとり言トップ | Xperia云々 | 俺のアンケート | 俺の独り言 | 俺のツール | 俺のつぶやき | Linuxサーバ構築 | Windowsサーバ構築 | シンクライアント